Levi's Fenom
Levi's Fenom L/S Matallic DISCO Flannel Western Shirt ¥21,000-
Levi's®の伝統アイテムであるウエスタンシャツをアレンジした、Levi's® Fenomオリジナルのカスタムシャツ。スワロフスキー社製マットシルバーメタルをシンプルに装飾したDISCOシャツ。着古した様な風合いと左胸ポケットの中に隠したサークルサンダープリントもポイント。
c0161973_18363887.jpg

c0161973_18365424.jpg

c0161973_1838653.jpg

c0161973_18382228.jpg

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
shaft
ADD : 仙台市青葉区中央2丁目10-10
リヴォルーションビル3F
TEL : 022-722-1553
FAX : 022-722-1553
H.P : http://les02.exblog.jp/
MAIL : shaft@revolution-jp.com
daventry@revolution-jp.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
# by revolution002 | 2009-12-11 18:39 | Comments(0)
Balabushka
GEORGE HAT ¥15,750-
c0161973_1232412.jpg

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
shaft
ADD : 仙台市青葉区中央2丁目10-10
リヴォルーションビル3F
TEL : 022-722-1553
FAX : 022-722-1553
H.P : http://les02.exblog.jp/
MAIL : shaft@revolution-jp.com
daventry@revolution-jp.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
# by revolution002 | 2009-12-11 12:32 | Comments(0)
NIKE SPORTSWEAR
NIKE SFB ZP ¥21,000-
c0161973_19223834.jpg

# by revolution002 | 2009-12-06 19:22 | NIKE | Comments(0)
LEVI’S® VINTAGE CLOTHING Tokyo Creators
LEVI’S® VINTAGE CLOTHING Tokyo Creators
デニムウェアの原点である「リーバイス®」と、東京を拠点にグローバルで活躍している5人のクリエーターがタッグを組んだスペシャルコラボレーション企画。
リーバイス®ファンだけでなく、デニム好きなら誰しも知っているジーンズの原点“501®”は、1886年にその産声をあげ、現在に至るまで、数々の歴史的な影響を受け進化をとげた。
そのジーンズの原点である“501®”の中でも代表的な5つの501®XXモデルを5人のクリエーターが独自の感性でカスタマイズ!今までのリアルに拘ったヴィンテージラインとは一線を画す、温故知新なスペシャルカスタマイズジーンズをそれぞれ501本限定発売。

発売日:2009年12月5日(土)

1955’s 501®XX “HIROSHI FUJIWARA” Customize
Thunder Print & Paint Splash – Light Real Used Model

1955’s 501®XXをベースフィットに、藤原ヒロシ氏によるカスタマイズを施したスペシャルヴィンテージモデル。リーバイス®Fenomの原点でもあるこの1955’s 501®XXにも、藤原ヒロシ氏デザインの証として右バックポケット下にサークルサンダーマークがプリント。また、今までのリアルに拘ったVintage Lineとは一線を画す加工デザインに、蛍光ピンク&イエローのペンキを大胆に飛ばした藤原ヒロシ氏ならではのアーティスティックな作品となっている。

1955’s 501®XX とは・・・。
戦後、1950年代のアメリカには平和が戻り、活気が溢れていた。リーバイス®にとっても、後世に残る名品が生まれた時代。この時期、501®はリーバイス®を代表するジーンズとして完成の域に達する。そして現在では、ヴィンテージという視点でもジーンズマニアを始め、多くの人々から高く評価される名品となった。“バナナイエロー”と呼ばれる黄色い糸を使用した「ダイヤモンドポイント」入りのアーキュエットステッチ、片面から両面刺繍へと移行した当時のビッグEタイプのレッドタブ®、赤耳付きウォッチポケット等が装備されている。
c0161973_21365371.jpg

c0161973_21372685.jpg

c0161973_21374559.jpg

c0161973_21375920.jpg


1947’s 501®XX “Makoto Azuma” Customize
Original Art Print & Leather Pockets – Light Crush Used Model

1947’s 501®XXをベースフィットに、東信氏によるカスタマイズを施したスペシャルヴィンテージモデル。
左ふくらはぎ部には、このモデルの象徴である東氏によるアートワークをプリント。左バックポケット、ウォッチポケット、左脇のベルトループの3箇所を光沢感に拘った牛革製のソフトレザーでカスタマイズ。大胆でありながら高級感を持たせたクラッシュ加工との絶妙な統一感は、東氏ならではの作品となっている。

1947’s 501®XX とは・・・。
第二次世界大戦の終結により、1944年に簡素化された501®もようやく本来の姿で復帰する。最大の特徴は、アーキュエットステッチの復活である。それも当時の新手法である2本針ミシンを使った「ダイヤモンドポイント」と呼ばれる新しい仕様で、このモデルに初めて装備された。同時にレザーパッチは、大戦下に使われていたS501XXから“S”が外され、ボタンも月桂樹柄のオープントップ型から社名入り刻印のものに戻り、ウォッチポケットのリベットも返り咲いた。だが逆にバックストラップやクロッチリベットは、不必要となったため省略されたままになった。その仕様を再現した501®XX1947年モデルは、他にも隠しリベットや片面のみに“ビッグE”が刺繍されたレッドタブ®等を忠実に再現している。
c0161973_21395199.jpg

c0161973_2140334.jpg


c0161973_21401569.jpg

c0161973_21403241.jpg

c0161973_21404894.jpg


1944’s S501®XX “Kazuki Kuraishi” &“Takahiro Miyashita” Customize
Lefty Specification – Rinse Model

1944’s S501XX WORLD WARⅡをベースフィットに、倉石一樹氏と宮下貴裕氏の共同によるカスタマイズを施したスペシャルヴィンテージモデル。一見よくあるバックポケット位置をずらしただけの何の変哲も無いジーンズ。だが、通称「レフティー」カスタマイズが施されている。何とジーンズの代表的なディティールを全て左側に寄せ、何とバックポケットに関しては左右を反対に装備させた結果、左側面に“BigEタブ”が付いてしまった大胆でありながらシンプルな作品となっている。
また、この1944’s S501XXモデルには、0番手(極太)ステッチによる装飾と、ベルトループ下部に丸バータックを施し、この対戦モデルをポップに表現している。

1944’s 501®XX とは・・・。
1939年から6年間におよんだ第二次世界大戦。戦況の激化につれてアメリカ国内では物資統制が強化され、その影響を受けたリーバイス®は501®の簡素化を余儀なくされた。仕様変更は細部にまで渡り、社名入りのボタンに代わって廉価な月桂樹ボタンが使用され、クロッチリベットやウォッチポケットのリベット、バックストラップを省略。更に糸を節約する為にアーキュエットステッチも省略されたが、ペンキステッチを施す事でブランドアイデンティティーを守った。全てにおいて簡素化された事を意味する”S”(Simplified)が品番の頭に付けられ、S501XXとして本来の501®XXと区別された。
c0161973_21415276.jpg

c0161973_2142967.jpg

c0161973_21422479.jpg

c0161973_21424456.jpg


1933’s 501®XX “Shinsuke Takizawa” Customize
Message Embroidery – Dark Real Used Model

1933’s 501®XXをベースフィットに、滝沢伸介氏によるカスタマイズを施したスペシャルヴィンテージモデル。このモデルの象徴であるバックポケット上部に施されたメッセージ「Searching for the young Soul Rebels」の刺繍と、帯裏に施されたプリントが何よりも特徴的。更に、現在の“ヒゲじわ”がはっきり出たユーズド感ではなく、NEVADAをはじめとするジーンズが「ワークウェア」だった時代の独特な荒々しいユーズド感を表現した加工は、デニムに拘りを持つ滝沢氏ならではの作品となっている。

1933’s 501®XX とは・・・。
混沌とする世界大恐慌前後のアメリカにおいて、リーバイス®ジーンズもまた大変革の時期を迎える。1922年、それまで「ワークウェア」としてのジーンズには存在しなかったベルトループが登場し、ジーンズの新たなディテールとして付加される。これにより、労働着としての意味だけでなく、現在のような「日常着」としての意味も併せ持つ事となる。社名入りボタン、ウォッチポケット、レザーパッチ、アーキュエットステッチ、リベット、シンチバックベルト、そしてベルトループ・・・このベルトループの誕生から、ジーンズはほぼ全てのディテールを装備する。ただ1つ、最大のブランドアイコンである”レッドタブ”を残して。この1933年モデル501®XXは、このリーバイス®ジーンズの最大の象徴ともいえるレッドタブが登場する直前のフル装備501®XX。必然性から生まれたジーンズの全てのディテールを備えた、リーバイス®のクラフトマンシップが凝縮されたモデルである。
c0161973_21433473.jpg

c0161973_21435871.jpg

c0161973_21441940.jpg

c0161973_2145287.jpg
c0161973_21453696.jpg


1886’s 501®XX “Takahiro Miyashita” & “Kazuki Kuraishi” Customize
Lefty Specification – Mid Real Used Model

1886’s 501®XXをベースフィットに、宮下貴裕氏と倉石一樹氏の共同によるカスタマイズを施したスペシャルヴィンテージモデル。ジーンズの代表的なディテールを全て左側に寄せた、通称「レフティー」カスタマイズを施し、更に1886年モデルの独特なディテールを現代流にアレンジ。まず、1900年まで1つしか無かった右バックポケットを左側に移植し、使い勝手の良いサイドシーム位置まで寄せ、更にオリジナルの位置から大胆に下部にずらしている。また、1922年から採用されたベルトループもこのモデルには別途装備。2人のデザイナーのアイデアが詰まった作品となっている。

1886’s 501®XX とは・・・。
ゴールドラッシュに沸く19世紀後半のアメリカで、リーバイス®は「リベット補強パンツ=JEANS」を誕生させ、頑強な衣類を求める炭坑夫達に絶大な人気と信頼を得た。彼らの信頼を集めるLevi’s®は、その自信に満ちたクラフトマンシップを顕示するため、品質保証の証としてバックポケット上部にレザーパッチがアタッチする事になる。このモデルは、レザーパッチにツーホースマークが描かれる1886年以前の創世期ジーンズである。1つ1つ手作業で打ち込まれる、リベットの特許取得日を刻印したパテントリベット、当時と同様に細かく運針した細幅のアーキュエットステッチ、当時最も丈夫で厚いとされていたホワイトセルビッジの9オンスXXデニムを使用する等、当時のディテールを完全再現している。
c0161973_2149216.jpg

c0161973_21494692.jpg

c0161973_2150180.jpg

c0161973_2150309.jpg

c0161973_21504976.jpg

# by revolution002 | 2009-12-02 21:51 | Comments(0)
GOOD ENOUGH
Little Freedom L/S Tee ¥12,600-
c0161973_13515630.jpg

c0161973_13521211.jpg
c0161973_13522792.jpg

c0161973_13524355.jpg

c0161973_13525885.jpg

c0161973_13531194.jpg

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
shaft
ADD : 仙台市青葉区中央2丁目10-10
リヴォルーションビル3F
TEL : 022-722-1553
FAX : 022-722-1553
H.P : http://les02.exblog.jp/
MAIL : shaft@revolution-jp.com
daventry@revolution-jp.com
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
# by revolution002 | 2009-11-28 13:53 | Comments(0)